日本肩関節学会とは

  • ホーム  > 
  • 日本肩関節学会とは

理事長挨拶

日本肩関節学会 概要-理事長ご挨拶

日本肩関節学会理事長 柴田陽三

 皆さん、今日は。この度、玉井和哉前理事長の後任として日本肩関節学会理事長に選出されました柴田陽三です。井樋栄二初代理事長、玉井和哉二代目理事長に続いて三代目の理事長を拝命しました。本学会は1974年に「肩関節研究会」として発足し、その後名称を、「日本肩関節学会」と変え、任意団体として肩関節外科学の発展に寄与してまいりました。2014年からは一般社団法人となり法的にその責任と義務が明確になりました。本学会は肩関節に関する専門分科会として世界で一番早く設立されました。その伝統ある日本肩関節学会を代表する事を大変光栄に存じます。またその責任の重さをひしひしと感じております。

 日本肩関節学会は2014年8月1日に一般社団法人に変わり、今年で2年目になります。定款にうたわれている“肩関節医学の進歩普及に貢献し、もって人類の福祉に寄与する。”という目的を遂行するために頑張ってまいります。

 現在、日本肩関節学会の国際化を進めるためにアメリカ肩肘学会、ヨーロッパ肩肘学会、韓国肩肘学会との定期的に交換留学生制度を施行しております。募集状況は学会ホームページ上に掲載してまいりますので会員の皆様におかれましては是非ふるって応募を御願い致します。論文の中でしか知り得なかった著名な肩関節外科医と一緒に手術や討論をすることは素晴らしい経験となるでしょう。日本肩関節学会学術集会の一般口演のスライドとポスターは英語で作成されることが求められ、国際シンポジウムでは口演・討論ともに英語でなされるようになりました。会員の皆様は本学術集会で英語による発表に慣れて頂き、引き続き海外への情報発信へとステップアップして頂けるものと思います。

 肩関節外科医の育生のために座学による教育研修講演、キャダバーによる人工関節置換術の実技指導を行ってまいりました。国内の優れた肩関節外科医より細かなコツについて直接手術指導を受けることができ参加者より好評価を頂いています。引き続き次世代の肩関節外科医の担い手の育生に努めたいと存じます。

 2014年4月から使用開始となりましたリバース型人工肩関節が導入されて2年が経過し、徐々に症例数が増加しております。リバース型人工肩関節は本邦で臨床試験を行わないで保険収載された初めての人工関節です。医師側が作成した厳しいガイドライン、講習会とドライラボの実習受講義務、全症例の登録制度により先行する海外よりも上回る成績をもたらせるものと考えております。

 本学会の目的である肩関節外科学の進歩普及に貢献して行くためには、代議員の業務は大変重要です。現在11個の常設委員会と1個の特別委員会、二つのワーキンググループが活動しています。これらの委員会は代議員だけでなく一般会員の皆様にも協力を頂いており、広く意見を取り入れながら活動を行っております。学会に対する御意見・御要望がございましたら事務局までご一報下さいましたら幸いです。先達が気づかれました本学会の伝統を守りながら、一層の発展を目指してまいりたいと存じます。

日本肩関節学会 理事
左から(敬称略)
畑幸彦(副理事長)、井手淳二(副理事長)、中川照彦、菅本一臣、井樋栄二、柴田陽三(理事長)、望月由、
末永直樹、岩堀裕介、池上博泰


本会の目的

肩関節に関する基礎および臨床研究の発表、連絡、提携及び研究の促進をはかり肩関節医学の進歩普及に貢献し、もって人類の福祉に寄与することを目的とする。


日本肩関節学会 歴史

日本肩関節学会における歴代会長と開催地、開催日です。

会長 開催地 開催日
第1回 遠藤寿男 徳島市 1974年10月18日
第2回 小田清彦 山口市 1975年10月29日
第3回 高岸直人 福岡市 1976年11月4日
第4回 土屋弘吉 横浜市 1977年11月4日
第5回 宮崎淳弘 鹿児島市 1978年10月22日
第6回 信原克哉 相生市 1979年10月20日
第7回 河路 渡 東京都 1980年10月18日
第8回 安達長夫 広島市 1981年10月3日
第9回 山本龍二 東京都 1982年10月2日
第10回 鈴木良平 長崎市 1983年10月1〜2日
第11回 福田宏明 横浜市 1984年11月10〜11日
第12回 松野誠夫 札幌市 1985年10月5〜6日
第13回 高岸直人 福岡市 1986年10月28〜30日
第14回 三笠元彦 東京都 1987年10月31〜11月1日
第15回 桜井 実 仙台市 1988年10月14〜15日
第16回 松崎昭夫 福岡市 1989年11月23〜24日
第17回 加藤文雄 東京都 1990年10月12〜13日
第18回 水野耕作 神戸市 1991年11月15〜16日
第19回 田畑四郎 磐城市 1992年10月2〜3日
第20回 伊藤信之 長崎市 1993年10月1〜2日
第21回 久津間智允 甲府市 1994年10月14〜15日
第22回 尾崎二郎 奈良市 1995年10月21〜22日
第23回 佐野精司 大宮市 1996年10月31〜11月1日
第24回 平澤泰介 京都市 1997年10月31〜11月1日
第25回 藤巻悦夫 東京都 1998年10月29日〜30日
第26回 小川清久 大宮市 1999年11月18〜19日
第27回 高木克公 熊本市 2000年11月10〜11日
第28回 森岡 健 横浜市 2001年9月15〜16日
第29回 福田公孝 札幌市 2002年9月20〜21日
第30回 高岸憲二 前橋市 2003年9月12〜13日
第31回 筒井廣明 横浜市 2004年10月8〜9日
第32回 黒田重史 浦安市 2005年9月2〜3日
第33回 伊藤博元 東京都 2006年9月29日〜30日
第34回 玉井和哉 宇都宮市 2007年10月12日〜13日
第35回 米田 稔 大阪市 2008年11月28日〜29日
第36回 荻野利彦 山形市 2009年10月9日〜10日
第37回 熊谷 純 仙台市 2010年10月8日〜9日
第38回 柴田陽三 福岡市 2011年10月7日〜9日
第39回 中川照彦 東京都 2012年10月5日〜6日
第40回 黒川正夫 京都市 2013年9月27日~9月28日
第41回 森澤佳三 佐賀市 2014年10月24日~10月25日
第42回 井樋栄二 仙台市 2015年10月9日~10月10日
第43回 望月 由 広島市 2016年10月21日~10月22日
第44回 菅谷啓之 東京都 2017年10月6日~10月8日(予定)
第45回 菅本一臣 大阪府 2018年10月19日~20日(予定)
第46回 畑 幸彦 長野 2019年10月25日~26日(予定)

第1・2回は中部日本整災会に併設して行われ、第3回より全国的規模となり、
第13回は第3回国際肩関節学会(ICSS)とCombined Meetingの形で開催された。


ページの先頭へ

お問い合わせ
〒108-0073 東京都港区三田3-13-12 三田MTビル8階
株式会社アイ・エス・エス内
一般社団法人日本肩関節学会 事務局
TEL:03-6369-9981 / FAX:03-6369-9982
E-mail:office@shoulder-s.jp


Copyright (c) 1974 Japan Shoulder Society All Rights Reserved.